口臭の原因と対策を解説 お家でできる口臭ケアのやり方とは

マスクをしていると自分の口臭が気になることはありませんか?この記事では、口臭の原因の解説とオーラルケアのやり方についてご紹介します。

お家で簡単に口臭の予防・改善ができるので、ぜひ試してみてください。

口臭の原因

口臭の原因は主に「生理的口臭」「病的口臭」「外因的口臭」「心因的口臭」の4種類に分けられます。

 

生理的口臭

生理的口臭とは、起床直後、空腹時、緊張時などに、唾液が減少することで発生する口臭のことを言います。

唾液は洗浄作用や抗菌作用を持っており、唾液が減少してしまうと、口の中の細菌が増殖します。すると、口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物が増え、口臭が発生するのです。特に寝ている間、唾液が分泌されていないため、起床直後は最も口臭が強くなります

誰にでも発生するタイプの口臭ですが、食事をして唾液の分泌を増やしたり、歯みがきやうがいなどのオーラルケアをして、細菌を減らすことで、生理的口臭を減らせます。(オーラルケアの詳しいやり方は後述します)

 

病的口臭

病的口臭とは、歯や舌の汚れ、歯周病、むし歯、ドライマウスなど、口の中のトラブルが原因で起こる口臭と、鼻やのどの病気、呼吸器系や消化器系の病気、糖尿病など、体の病気が原因で発生する口臭のことを言います。

ただ体の病気が口臭の原因となることは珍しく、病的口臭の9割以上は口の中に原因があります。歯や舌の汚れは細菌増殖の元となるので、病的口臭を予防するためには、歯磨きや舌磨きなどのオーラルケアを日頃行い、定期的に検診に行くことが大事です。

必要なケアをしても、口臭が気になる場合は、何らかの病気が原因である可能性があるため、医師に相談しに行きましょう。

 

外因的口臭

外因的口臭とは、ニンニクやニラ、ネギなどの強い臭いの食べ物や、酒、タバコなどを摂取することで発生する口臭のことを言います。摂取してから時間が経過すると、口臭は弱まります。

 

心因的口臭

心因的口臭とは、他人に不快と思われるほどの口臭がないにも関わらず、本人だけが口臭があると感じている口臭のことを言います。

 

口臭の予防と改善方法

口臭を予防・改善するには、定期的に歯科医院に通うだけでなく、日頃から自身でオーラルケアをする必要があります。

step
1
歯垢を除去

口臭を防ぐ基本として、まず口臭の原因となる食べかすや、「歯垢しこう」と呼ばれる歯に付着した細菌のかたまりを除去することが大切です。以下で紹介する道具を使って、1日に2、3回は歯の掃除をするようにしましょう。

  • 歯ブラシ・歯磨き粉

歯ブラシは、ヘッドが小さい方が隅々まで掃除しやすいです。毛は硬すぎると歯茎を傷つける恐れがあり、柔らかすぎると汚れを落とすのに時間がかかります。

歯磨き粉は、殺菌作用のある成分(イソプロピルメチルフェノールや塩化セチルビリジニウムなど)や、歯に付着した汚れを落とす作用のある成分(ポリリン酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムなど)が含まれるものがおすすめです。

ちなみに「デンタルリンス」という液体版の歯磨き粉も存在するので、お好きな方をお使いください。

参考適切な歯の磨き方に関しては、LIONさんが動画でわかりやすく解説してくれています。

  • デンタルフロス・歯間ブラシ

ただ歯ブラシで磨くだけでは、6割程度しか歯垢を取り除くことができず、歯と歯の間にある汚れがどうしても残ってしまいます。そのため、歯のすき間は、「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」を使って掃除をしましょう。

デンタルフロスは歯と歯の間が狭い部分の掃除に向き、歯間ブラシは間が広い部分の掃除に向いています。

デンタルフロス

LION

クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ

デンタルフロスは、「糸まきタイプ」と「ホルダータイプ」のものがあります。糸まきタイプは自分の好きな長さに糸を切ることができ、ホルダータイプは持ち手が付いているので扱いやすく初心者向けです。

歯間ブラシ

LION

ライオン DENT.EX 歯間ブラシ 4本入 4S

歯間ブラシは、ワイヤーがゴム製のものと、金属製のものがあります。ゴム製は歯や歯ぐきに優しく、金属製は歯垢を除去する力が強いです。

  • マウスウォッシュ

歯ブラシや歯間ブラシを使っても、掃除が行き届かない部分もあるので、仕上げにマウスウォッシュ(洗口液)を使いましょう。マウスウォッシュは、口に含みゆすぐだけで、口の中のねばつきや口臭を除去してくれます。

選ぶ時の気を付けるポイントとして、マウスウォッシュは医薬部外品に分類されるものと化粧品に分類されるものがあり、医薬部外品は薬用成分が含まれるため、製品によって虫歯予防や歯垢沈着予防、歯肉炎予防などの効果も含まれます。

またアルコールが含まれるものと含まれないものがあり、刺激が弱い方が良い場合は、ノンアルコールのものを選びましょう。

食後やお出かけ前に使ったり、就寝中の細菌増殖を抑えるために就寝前に使うことをお勧めします。

LION

NONIO(ノニオ) マウスウォッシュ ノンアルコール ライトハーブミント

スポンサーリンク

step
2
舌をブラッシング

口臭の大きな原因の1つは、「舌苔ぜったい」と呼ばれる白い苔状の舌の汚れです。舌の表面は小さな凸凹があり、そこに細菌や食べかす、古くなった粘膜が付着することで舌苔ができます。これが臭いの元となるのです。

そのため、口臭を抑えるには歯の汚れだけでなく、舌の汚れを落とす必要があります。

  • 舌ブラシ

舌は傷つきやすい部位なので、舌掃除は1日に1回で十分です。最も口の中の細菌の数が増える起床後に舌掃除をすることをおすすめします。

舌掃除には、毛先の柔らかい歯ブラシや舌ブラシを使い、3~4回舌の奥から前へ優しく動かしましょう。こすりすぎは厳禁です。

舌ブラシ

一度べっとり舌苔が付いてしまうと、舌掃除をしてもすぐには取れないので、毎日継続して徐々に舌苔を除去しましょう。

LION

NONIO(ノニオ) 舌クリーナー+舌専用クリーニングジェル

 

step
3
口内の乾燥を防ぐ

口の中が乾燥すると、口臭の元となる細菌が繁殖するため、口臭をなくすには口内の乾燥を防ぐことが大切です。

口の中が乾燥することは誰にでもあり、緊張・ストレスがある時や起床直後は、唾液の分泌が減りやすいです。口内の乾燥を防ぐために、以下の方法を試してみてください。

  • よく噛んで食べる

食事の際、よく噛むことで唾液の分泌が促されます。一口で30回噛むことを意識して食べるようにしましょう。

またガムやタブレットを噛むことでも唾液が分泌され、シュガーレスかつキシリトール配合のものだと虫歯予防もできます。

  • 唾液腺マッサージ

唾液を分泌する唾液腺をマッサージすることで、唾液の分泌を促すことができます。耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つの部位を刺激しましょう。

唾液腺マッサージ

1.耳下腺のマッサージ
頬に指を数本当てて、上の奥歯にあたる部分から10回、円を描くように前へ回しましょう。

2.顎下腺へのマッサージ
耳の下から顎の下に向かって、5回ほど指先で押していきましょう。

3.舌下腺へのマッサージ
顎の下を両手の親指の先でグーッと10回押しましょう。

  • 口腔用保湿スプレー、保湿ジェル

保湿クリームを塗って肌の乾燥を防ぐように、お口にも口腔用の保湿スプレーやジェルを塗布して、口内にうるおいを与え、乾燥を防ぎましょう。

デート中などの緊張する場面では、口が乾きやすいので、手軽に持ち運びできる保湿スプレーを携帯しておくと良いでしょう。

保湿スプレー

サンスター

サンスター バトラー ジェルスプレー 50ml

保湿ジェル

和光堂

和光堂 オーラルプラス 口腔保湿ジェル うるおいキープ 60g

  • その他の乾燥対策

その他にも乾燥を防ぐ方法として、以下のようなものが挙げられます。

● アルコールやカフェインの摂取を控える
● 鼻呼吸をする
● 水分補給を定期的に行う
● ストレスを解消するために運動をする

 

一時的に口臭を抑えたい場合

普段オーラルケアをしていても、人と会う直前などに口臭が気になることがあると思います。その際は、マウススプレーを使うと良いでしょう。シュッと口にスプレーするだけで、口臭の原因菌を殺菌してくれます。またうるおい成分が含まれているものもあり、保湿も同時に行えます。

ただ、効果は長く続かないため、一時的に口臭の発生を防ぎたい場合にお使いください。

サンスター

GUM(ガム) お口/のど 殺菌スプレー 

 

まとめ

色々な口臭予防・改善の方法をご紹介しましたが、歯ブラシで歯を磨く以外に、最低限、歯間と舌の掃除はするようにしましょう。

セルフケアをしても口臭が気になる場合は、専門家に相談しに行きましょう。また特に問題がないと感じる場合でも、セルフケアでは除去しきれない歯の汚れを清掃したり、お口のトラブルを未然に防ぐために、定期的に歯科検診を受けることを推奨します。

著者:鴨川みどり著者

-一般常識
-,