広告含

【Excel】EOMONTH関数の使い方

今回は、ExcelのEOMONTH関数について解説していきます。

この記事では、Excel 2021を用いています。

EOMONTH関数とは

EOMONTH関数は、指定した日付の月末日を返す関数です。

=EOMONTH(開始日, 月)

開始日」は、基準となる日付を表します。

」は、開始日から加算する月数を表します。

月に正の整数を入力すると未来の月末日が、負の整数を入力すると過去の月末日が求められ、0の場合は開始日の月末日が求められます。

 

使い方

例えば、B3に入力した日付の月末日を求める場合、EOMONTH関数は以下のように記述します。

=EOMONTH(B3,0)

日付を直接入力する場合は、"2023/04/01"(ダブルクォーテーション)で囲みます。

すると、以下のような結果が返ってきます。

eomonth関数使い方

この場合、開始日が2023年4月1日で、月が0であるため、開始日の月末日である2022年4月30日が返されます。

また、開始日の次月の月末日を求める場合は、月を「1」にしましょう。

=EOMONTH(B3, 1)

 

書式

ちなみに書式が標準のままで、EOMONTH関数を使うと、45046というような数字が返されてしまいます。これはシリアル値といい、日付の基準となる数値であり、書式を日付に変更することで、正しい形で表示されます。

日付の書式を適用するには、以下のような手順で適用しましょう。

書式を変えたいセルを選択

[ホーム]タブの書式設定欄から、長い日付形式を選択

日付の書式設定

そうすると、日付が「○○○○年○○月○○日」の形式で表示されるようになります。

 

最後に、EOMONTH関数は、指定した日付の月末日を返す際に役立つ機能です。

状況に合わせて適切に使い分けましょう。

著者:みどり編集部著者

-Excel
-