レコードの種類の違いとは?サイズや回転数を解説!

レコードの種類

CDやストリーミングサービスで簡単に音楽を聴ける時代になった今、あえてレコードで音楽を聴く人が増えています。

米国では2020年上半期に、レコードの売り上げがCDの売り上げを上回りました。これは1980年代以降初めてのことです。日本でもレコードの人気が再び高まり、多くのアーティストがレコードでも曲を発売するようになりました。

あらい
レコードに興味があるけど、LPとかEPとかの違いがわからないよ~

この記事ではそんなレコードに馴染みのない方にもわかりやすく、違いを解説していきます。

レコードの種類

レコードは、収録時間やサイズによって、SP盤(Standard Play)LP盤(Long Play)7インチシングル盤EP盤(Extended Play)12インチシングル盤に大きく分けられます。

レコード種類

 

それぞれの特徴

まずそれぞれの特徴を簡単に説明します。

  • SP盤(Standard Play)

初期のタイプのレコードで、収録時間は片面約4~5分。LP、EP盤が登場して以降、需要がなくなり、生産は終わっています。

  • LP盤(Long Play)

Long Playの名の通り、収録時間が他の盤より長く、収録時間は片面約20~30分。アルバムやクラシック音楽を収録する際、使われています。

  • 7インチシングル盤

「シングル」と名称に入っている通り、シングル曲を収録するためのレコードで、収録時間は片面約5分。概ね1~2曲収録されています。

  • EP盤(Extended Play)

Extendedは「延ばす」という意味で、7インチシングル盤より収録時間が延ばされ、片面約7~8分。概ね3~5曲収録されています。

  • 12インチシングル盤

7インチシングル盤と同じくシングル曲を収録しており、LPや7インチシングル盤より音質が優れています。盤面が大きいため、収録時間が7インチシングル盤より長く、7インチシングル盤に収まらない曲を収録する際にも使われます。

 

ただ違いはこれだけでなく、「サイズ」、「回転数」というのも種類によって変わってきます。

 

サイズの違い

レコードのサイズは直径7インチ(17cm)、10インチ(25cm)、12インチ(30cm)の3つがあります。

SP盤、LP盤、7インチシングル盤、EP盤、12インチシングル盤をサイズで分類すると、以下のようになります。

レコードサイズ

  • 7インチ・・・EP盤・7インチシングル盤
  • 10インチ・・・SP盤
  • 12インチ・・・LP盤・12インチシングル盤・SP盤

 

ネットショップでの表記

ネットショップでは、レコードのアルバムタイトルの後ろに[12 inch Analog]と書かれていることがよくあります。

[Analog]はレコードのことを意味し、[12 inch Analog]は12インチのレコードのことです。

アルバムの場合、LP。 シングルの場合、12インチシングル盤を指しています。

 

レコードの回転数

レコードには1分間に78回転45回転33 1/3回転するものがあります。レコードに合った回転数で再生しないと、本来の曲のスピードで音楽を聴くことができません。

  • 45回転

45回転で再生されるのは7インチシングル盤、12インチシングル盤、EP盤です。回転が速いと、1秒間に再生される溝が長くなるため、音の解像度が増し、音質が良いです。しかし、1曲あたりの収録面積が大きくなるため、収録時間は短くなります。

  • 33 1/3回転

33 1/3回転で再生するレコードは主にLP盤、12インチシングル盤です。45回転より回転が遅いため、収録可能時間が長いです。音量や音質では45回転に劣ります。

  • 78回転

78回転で再生されるのはSP盤です。SP盤は回転が速いですが、SP盤自体の音質が他に比べ良くないため、45回転のレコードを超える高い音質を持つわけではありません。SP盤は主流のレコードではないため、78回転に対応していないレコードプレーヤーも存在します。

 

もっと詳しく

レコードの性質上、レコードの外側の方が溝の形状が安定しているため音質が良いです。レコードの中心に向かうほど、溝が狭くなり、溝の形状が不安定になるので音の状態は悪くなります。

そのため、回転数が多く、盤面が広く、曲が短い方が、レコードの音質が良くなります。

 

まとめ

以上が、SP盤、LP盤、7インチシングル盤、EP盤、12インチシングル盤の簡単な特徴です。下の表にそれぞれの特徴をざっくりとまとめました。

種類 サイズ(直径) 回転数 片面収録時間
7インチシングル盤 7インチ(17cm) 45回転 約5分
EP盤 7インチ(17cm) 45回転 約7~8分
12インチシングル盤 12インチ(30cm) 33 1/3回転・45回転 約6~9分
LP盤 12インチ(30cm) 33 1/3回転 約20~30分
SP盤 10・12インチ(25・30cm) 78回転 約4~5分

CDよりレコードは聴くまでに覚えることや手間が多いですが、わかるようになるとレコードならではの魅力が見えてくると思います。

 

参考にさせて頂いたサイト

audio-technica 「レコードの種類」
https://www.audio-technica.co.jp/cartridge/navi/record/02.html

東洋化成株式会社 「よくあるご質問 Q&A一覧」
https://toyokasei.co.jp/new/record/qa_detail.html

著者:鴨川みどり著者

-音楽
-

© 2020 みどり文庫