フランク・ザッパ、キャプテン・ビーフハート - Muffin Man【おすすめの曲 Vol.2】

Frank Zappa, Captain Beefheart, The Mothers - Muffin Man

「Muffin Man」は、フランク・ザッパとザ・マザーズ、キャプテン・ビーフハートがコラボレーションし、1975年に発表したアルバム「ボンゴ・フューリー」の収録曲。

アルバムの最後に収録されているこの曲は、冒頭のナンセンスで和やかな詩の朗読から一転、堰を切ったように重厚なバンドアンサンブルが奏でられ、アルバムを締めくくるに相応しい圧巻の演奏を聴かせてくれます。

重く響き渡るリフに合わさるザッパの泣き叫ぶギターソロは、音の洪水とも言えるほど激しく、輝きを失うことのないオールタイムベストな名演奏です。

 

別のライブ音源

「Muffin Man」は、コンサートのフィナーレで度々演奏されてきました。こちらのバージョンは綺麗に編集された「ボンゴ・フューリー」のものよりも、ライブならではの荒々しさと熱気が感じられ、個人的にはこちらの方が好きです。より重く、よりテンションが高い演奏は、「ボンゴ・フューリー」以上の衝撃です。

 

カバー

フランク・ザッパの息子であるドゥイージル・ザッパもミュージシャンであり、Zappa Plays Zappaというバンドで度々フランク・ザッパの音楽を演奏しています。父親譲りのギターテクニックを持ち、フランク・ザッパの音楽を受け継ぐに相応しい存在です。

 

「Muffin Man」を収録しているアルバム

フランク・ザッパ キャプテン・ビーフハート

Bongo Fury

アルバムの大半はライブ収録されており、テキサス州オースティンのアルマジロ世界本部で演奏されたものです。5曲目、6曲目、9曲目(イントロ)のみOne Size Fits All(1975)とStudio Tan(1978)のセッション中に録音されたスタジオ収録曲です。ロック、ブルース、カントリーなど様々な音楽を取り入れ、変則的かつ演劇的に展開されていくフランク・ザッパとキャプテン・ビーフハートの共作。

著者:鴨川みどり著者

-おすすめの曲
-, ,