【Blender】HDRIを設定する方法

この記事では、Blenderで簡単にリアルなライティングを実現できるHDRIの設定の仕方を説明します。

この記事の執筆時に用いたBlenderのバージョンは3.4です。

HDRIとは

HDRI (High Dynamic Range Image)は、高い輝度から低い輝度まで広い幅の明るさを表現できる画像のことです。

HDRI見本

明るさの幅が広いため、この画像を環境光として用いることで、現実に近いリアルなライティングを実現することができます。

HDRIは、Poly HavenambientCGなどのサイトで高品質のものを無料で手に入れることができます。

 

HDRIの設定方法

HDRIは、とても簡単なステップで設定できます。

ワールドプロパティの「サーフェス」という項目を開く

hdri設定方法1

 

「カラー」の横の黄色い丸をクリックし、環境テクスチャを選択

hdri設定方法2

 

「開く」をクリックし、HDRIを選択。そして「画像を開く」をクリック

一般的なHDRIのファイル形式は、「.hdr」もしくは「.exr」です。

hdri設定方法3

 

完了

以上でHDRIの設定は完了です。

3Dビューのシェーディングをレンダーにすると、HDRIが反映された陰影になっています。HDRIの方が現実味のある陰影ですね。

hdri比較

ノードを使用してHDRIを設定することもできますが、今回紹介した方が簡単なのでノードを使用する設定方法の説明は省略します。

 

設定したHDRIを削除する方法

一度設定したHDRIを削除したい場合は、以下の方法で削除できます。

「カラー」の横の黄色い丸をクリックし、削除を選択

hdri削除

以上で削除完了です。

 

HDRIをレンダリング時に透過する方法

最後に、HDRIの光源を受けたまま背景を非表示する方法をご紹介します。

レンダープロパティのフィルムという項目を開く

hdri透過

 

「透過」にチェックを入れる

hdri透過2

 

透過完了

以上で透過の設定は完了です。HDRIを透過してもオブジェクトの陰影の付き方は変わっていません。

hdri透過比較

著者:みどり編集部著者

-Blender
-,