音質、デザイン良し!「ケンウッド K-515」レビュー

アイキャッチk-515

新型コロナウイルスが流行してから家で音楽を聴く機会が増えたのですが、主にヘッドホンで一日何時間も音楽を聴いているため、聴き疲れすることが多々ありました。耳元で音楽が流れる状態が続くと、耳への負担が大きく、ヘッドホン難聴になる可能性が高まってしまいます。そのことから、コンポの購入を検討していました。

なるべく手頃な価格の性能の良いコンポがないか、Amazonで探していると、ちょうど良いものを見つけました。

それが『ケンウッド K-515』です。

価格は私が購入した時点では 37,800円 でした。ピンからキリまであるオーディオの世界ですが、それなりの性能を求めるなら妥当な値段ではないでしょうか。

カラーはK-515-N(ゴールド)K-515-S(シルバー)がありますが、私は温かみのあるゴールドを選びました。

ケンウッド

KENWOOD コンパクトHi-Fiシステム K-515-N

ケンウッド

KENWOOD コンパクトHi-Fiシステム K-515-S

特徴

レビューの前に、まず「K-515」が持つ特徴について解説します。以下の表は「K-515」の仕様です。

アンプ部 実用最大出力 25W+25W(JEITA4Ω)
最大外形寸法(約mm)幅×高さ×奥行き 215x96x295
スピーカー部 形式 2ウェイ2スピーカー/バスレフ型
定格インピーダンス
最大外形寸法(約mm)幅×高さ×奥行き 140×237×239
CD部 再生可能ディスク 音楽CD、CD-R/RW (MP3、WMA)
USB部 対応音声フォーマット MP3、WMA、WAV、FLAC
Bluetooth部 規格 Ver. 2.1 +EDR Class 2 ※NFC対応
チューナー部 受信周波数範囲 FM:76MHz~95MHz(ワイドFM対応)
AM:531kHz~1602kHz
タイマー部 スリープタイマー
録音・再生タイマー 録音・再生2系統(ワンス・デイリー)
電源部 定格消費電力(電気用安全法に基づく表示) 25W
入出力端子 音声入力 アナログ×1
USB端子 1(再生/録音)
ヘッドフォン出力(ステレオミニジャック)  30Hz~40kHz
付属品 リモコン
リモコン用単4形乾電池(2本)
スピーカーコード(1.5m、2本)
AMループアンテナ
FM室内アンテナ

 

シックなスピーカー

スピーカー

左からスピーカーの表、カバーを取った表、裏

K-515のスピーカーのユニットには、ソフトドーム型ピュアシルクツィーターが、ウーファーにはコーン型ウーファーが使われており、豊かな表現力を持っています。MDF材が使用されたウッドデザインが特徴的で、「K-515-N」のスピーカーは茶色で温かみがあり、「K-515-S」のスピーカーは黒色でクールな印象を与えます。派手さはなく、どちらも落ち着いたデザインです。

 

色々な聴き方に対応しているアンプ

アンプ

硬質な筐体により、振動が抑えられ、ノイズが少ないのが特徴です。「K-515-N」のアンプはほんのりゴールド、「K-515-S」のアンプはシルバーカラーで、どちらも高級感があり、洗練されたデザインです。

CDやCD-R/RWだけでなく、Bluetooth、USBメモリーを用いて音楽を聴けますし、AUX入力端子が付いているため、AUXケーブルをつなぐことで、テレビやPCなどの音声を流すことも可能です。またAMアンテナやFMアンテナが付いており、ラジオを聴くこともできます。

他にもランダム再生やリピート再生機能、トーン調整機能が付いており、お好みのスタイルで音楽を楽しめます。トーン調整機能では高音や低音の調整ができますし、重低音を極めるEX.BASSという機能も付いています。

 

手軽なBluetooth接続
Bluetooth

アンプの上面にNFCアンテナが付いています。音楽アプリから曲を流すと画面に曲名が表示されます。

Bluetoothが搭載されているだけでなく、交通系電子マネーやおサイフケータイで使用されているNFCに対応しているため、ワンタッチでペアリングができ、気軽にワイヤレスで音楽を聴くことができます。

Bluetooth接続した際の音質に関してですが、Bluetoothは音声データを送る時にデータを圧縮するため、CDで音楽を聴くよりも若干音質が下がります。ただ注意深く聴かない限り、音質の違いに気付くことはないと思います。

 

ハイレゾ音源の再生ができるUSB端子

アンプにはUSB端子が搭載されており、USBメモリーに保存された音楽ファイルを再生できます。圧縮された音楽ファイル(MP3、WMA)だけでなく、ハイレゾ音源データ(WAV、FLAC:192kHz/24bit)の再生も可能です。

またUSBメモリーにCDやラジオ、外部入力の音声を録音することができます。ラジオの録音では、タイマー録音が可能です。

 

実際に使ってみて

デザイン

シンプルで上品なデザインです。アンプとスピーカーの色合いが非常にマッチしており、インテリアとしても優れています。リモコンに関しては、大した問題ではありませんが、テンキーが付いていないため、聴きたい曲にたどり着くのに少し時間がかかることがあります。

 

音質

解像度が高く、癖のないきれいな音を出してくれます。価格以上の高い音質を持ち、特に中高音域が伸びやかで美しいです。スピーカーは十分に良い音質を備えていますが、「K-515」のアンプはヘッドフォンアンプとしても優れており、ヘッドフォンで聴くとさらに豊かな音が鳴ります。

スピーカーで聴いた場合、ミニコンポなので、重低音がズンズンと体に響くような力強さはあまりなく、やや音が軽く感じます。ただ低音域は壁や床を通過しやすいので、防音の対策をしていない一般の家庭には、「K-515」のパワーはちょうど良いと思います。また聴き疲れしづらい音なので、長時間音楽を楽しみたい人にも向いています。

 

総評

オーディオの中では比較的お手頃な価格であるにも関わらず、価格以上の性能を持っており、コストパフォーマンスがとても高い優良な製品だと思います。ロックやジャズ、クラシックといった様々なジャンルに適しています。

以上を踏まえ、「K-515」は手頃な価格の良質なオーディオを探している人やオーディオ入門者におすすめします。

ケンウッド

KENWOOD コンパクトHi-Fiシステム K-515-N

ケンウッド

KENWOOD コンパクトHi-Fiシステム K-515-S

 

音質を高めたいなら

最後に、音質を高める方法についてご紹介します。K-515は純正のままでも十分な性能を発揮しますが、もし音をより良いものにしたい、低音が出るようにしたいと考えている場合は、スピーカーケーブルを替えたり、インシュレーターを敷くと良いでしょう。

スピーカーケーブル

Belden

BELDEN スピーカーケーブル 8470

私が購入した時点では以上のケーブルは5mでわずか1,390円でしたが、これだけでも音質が向上します。音の輪郭がはっきりとし、音の解像度が上がります。

 

インシュレーター

Belden

audio-technica ハイブリッドインシュレーター AT6099

音を出すときスピーカーは空気を振動させますが、それとともにスピーカー自体も振動し、さらにスピーカーの接地面も余計に振動します。そういった振動が混ざり合い、スピーカーに返ると音の濁りの原因となってしまいます。インシュレーターはスピーカーと設置面の間に挟むことで、そういった不要な振動を防ぎます。それにより高域が伸び、低域が引き締まった音になります。また音の分離が良くなります。

音質にこだわりだすと、きりがないですが、色々な工夫を凝らすのもオーディオの楽しみの一つです。以上K-515のレビューでした。

著者:鴨川みどり著者

-音楽
-, ,

© 2020 みどり文庫